イラスト、鉄道、ちゃん様の事なんぞを色々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

重機関車を動かす(第8回)

101_1232.jpg
五月の終わり、毎年恒例のロクサン体験講習に行ってきた。
毎度に、銭を払って怒られに行くような場所に、
何故、足繁く通うのか。その理由が垣間見れた(気がした)旅の記録。


---------------------------------------------------------------------

■ネギとチャリンコ
101_1110.jpg 101_1112.jpg
BLFfvbVCIAAUHcU.jpg
旅の初日。
講習は明日なので、本日は中継点にあった下仁田(しもにた)の町散策。
妙義山を挟んで反対側にある、全方向からネギに囲まれる場所(私見)。
駅ナカで無料のレンタサイクル(ママチャリ)を見つけたので、借りてみる。
黒部の悪夢がよぎるも、3段ギア付だし、まあ何とかなるだろ(懲りない

駅前の地図には、横軽が健在!


101_1154.jpg
途中、偶然捉えたデキ
不通渓谷なる場所でバテてたら、電車らしからぬ汽笛に慌ててカメラを構える。
ゆえに、貨車が架線柱にヒット(泣
後から聞くに、イベント用に特別運転されてたらしい。
大正生まれの古豪、今なお現役!

と、そんなこんなで、丸半日チャリンコこいで前哨戦終了。
日頃の運動不足を痛感しつつ、ドリフト跡だらけの妙義山を越えて横川に入る。
今宵の宿に入り、ヤローと二人、並んだ布団を眺めた時の絶望感。
明日の予習をしようとするも、疲労と殺意でフテ寝モードに(吐血


■二日目 25号機と機関士さん
101_1239.jpg
迎えた体験運転本番。
本日のカマは25号機。
ロクサンの最終ナンバーであり、初めて乗る機体だ。

指導してくださるのは、毎度のS機関士さん。
バーニアの本にも度々登場の、本物の元機関士さんである(横川区所属)。
同僚の指導員さんからは
「Sさんはホントに機関士を育てる教え方するからねえ(笑)」
しかしそれは、峠とロクサンに対する愛情の裏返しと見た(勝手に

挨拶やら冬コミ本やらを渡しつつ、さっそく発車準備開始。
緊張の裏返しから、雑談が多くなる(弱
手順詳細はココでも書いたので割愛して。
いよいよ発車。
ブレーキを緩め、マスコンを引いて列車が動いた時は、
ようやく感動する余裕が出てきた。

■進路よし!
101_1235.jpg 101_1236.jpg
かつての信越線を、ロクサンの運転台から眺める。
写真は、同行者が運転してる時に助手席から撮ったもの。
ようやく、こんな写真が撮れる余裕が出てきた。
16年前まで、この先に数百トンの特急「あさま」が繋がってた。
そんな思いに耽りつつ、横では軍曹(S機関士の身内呼名)が
「汽笛鳴らせ!」「ネジが緩んでるぞ!」と愛のムチ(笑

あっと言う間の2往復が終了。
空いた時間で雑談タイムとなる。
峠に対する、色んなお話が聞ける。
この時間も、結構好きだったりする。

「初めて一人で乗った時はよ、そりゃ緊張したぜ。
ガッチガチだったなあ。まァ3年もすりゃ慣れちまったけどな(ニシ☆)」

目を細めて、遠い日を回想しながら喋る軍曹は、先とは一転して温厚な表情。
ちなみに、機関車によって運転法に差があったのか訪ねてみると、
「ない!」と即答。
「ゼロとは言わねェけどよ、そんなのいちいち覚えてるほど暇じゃねんだよ。
SLはあったかも知んねえけど、ロクサンは言うほど違いなんて無えのさ」

※個人の感想です。

すぐに時間となってしまい、お礼を言って別れる。
乗車前はあれこれ悩んで緊張してたけど、
振り返ってみればこの上ない濃縮な時間でした。

改めて、有難うございました!


■AFTER
101_1262.jpg 101_1258.jpg 101_1325.jpg
その後は釜めしで打ち上げしつつ、帰阪する同行者を軽井沢まで送る。
旧在来線ホームで保存されてた2号機、そして現在の峠を越える新幹線「あさま」。
一人になり、旧道を下って横川に着いた時は、すっかり日が暮れてました。
満月に浮かぶ新駅舎に、今回の旅を思い返りつつ。

---------------------------------------------------------------------


■オマケ
19950115.jpg

帰還して、アルバムを漁ってたら出てきたもの。
初めて横軽を通った時、お世話になった機関車こそ、今回の25号機だったらしい。
横川駅4番線。かつてココを訪れた者なら、1度は収めたであろうアングル。
1995.01.15 横川

19970930.jpg

25号機が、もう1枚。
最終日、保存用の2号機(右端)を軽井沢まで押し上げたのも、この機関車だった。
この時、軍曹も運転台に添乗されてたらしい。
僚機に見送られつつ、長い汽笛を鳴らして住み慣れた横川の街を去る姿は、
強烈に焼きついてる訳です。
1997.09.30 横川

100_9798.jpg
15年後、現ロクサン運転中の軍曹。
丸々一回分の講習費を払って、実演(?)して頂いた時の図。
慣れた手つきで推進運転する背中は、当時のまま。
108トンの巨体を、自在に操る。

2012.05.03 鉄道文化むら

2013-06-02 : 旅テツ : コメント : 6 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れ様でした
また63の運転行かれたのですか自分はなかなか行けないです初回の講習が土曜日になったと喜んでいたら悉く土曜日が出勤になったりとで未だに行けてないです
横軽最終日には行かれてたのですね自分も最終日と翌日を休暇を取って行ってましたのでニアミスをしていた可能性大ですね
一度横川駅で601Mと602Mを撮ろうと夜明かしをしましたがその時は601Mがヒューズが飛んだとかで横川区の検修掛が慌てて滞泊の115から予備を外して取り替える場面に遭遇しました
先日の新聞で横軽の途中でまた通信ケーブルや架線、レールボンドがごっそり盗まれたとの記事が有りました
盗んだのは何を考えて盗んだのかと思うと悲しくなります

2013-06-06 20:52 : 3720M URL : 編集
あの日、私もいました
順調に進捗されていらっしゃるようですね。
ノッチ投入して動き出す感動、とてもよく分かります。
しかし感動する暇も無く、
「まだまだ機関車に動かされてるねえ」などと
師匠に言われた日にはガクーッときたりもしますがw

話は変わり、「あの日」ですが
私も当時住んでいた富山から最終の上り白山で
駆けつけました。
貧乏でカメラも無くただぶらぶらしていただけですが、
2号機を押し上げていった瞬間は横川で見ておりました。
「あの日」横川のどこかですれ違っていたかもしれませんね。
2013-06-09 19:06 : ぽんこ URL : 編集
No title
こんにちは。

ほんと毎年恒例で行かれてますねー。
金払って怒られに行く、と言ってしまうと身も蓋も無い気がしますが、サークルもクラブ活動も大体そんなもんです。もしくは只のマゾ?

さておき、オマケで昔の鉄道写真を紹介されてましたが、教官の方は凄い写真とか持ってるかもしれませんね。あまり写真撮らなさそうな感じですがw

「さくらぢま」の方ではRAILWARS!がメインになってますが、ボークスのブログではレールエキスポの記事がこんな感じに書かれてました。「http://volkshobby.blog50.fc2.com/blog-entry-1086.html
フィギュアの原型見えませんがな。
・・・これからもご活躍を願っております。
2013-06-09 19:35 : ken URL : 編集
>えちごさん
最終日行かれてましたか。
あのお祭り騒ぎは、横軽に足繁く通った者には場違いに見えたかもですが、
それだけ重責を担ってた証拠かもですね。

>先日の新聞で横軽の途中でまた通信ケーブルや架線、
>レールボンドがごっそり盗まれたとの記事が有りました

このDQN共が…。
廃止後、丸山に留めてあったロクサンのパーツも、色々盗まれてましたよね。
あの山中に、あれだけのモノを保存するリスクもあるとは思いますが。
熊ノ平も整備され、施設に行き易くなったのが、
皮肉にも原因を増やしてる気がします。
DQNのためにしてるんじゃねえ!


>ぽんこさん
>「まだまだ機関車に動かされてるねえ」などと
>師匠に言われた日にはガクーッときたりもしますがw
言いますよねー。
そりゃ「単弁はオモチャ」とか言っちゃうようなオッチャンにしてみれば、
そうなのかもですけど(笑
最終日、白山で行かれましたか。
自分も、行く予定じゃなかったんですが、
居てもたってもで、上野から最終能登で向かいました。
横川では、それじゃ確実に居合わせてたんですね。
夜になっても、TV局の投光器が機関区を煌々と照らしてて、
ありがとうを言いに来たハズなのに、
色々と戸惑ってた独特の空気感が思い出されます。

>KENさん
ただのマゾです(笑
軍曹は、確かに写真いっぱい持ってそうですね。
前回も、カメラ持参して色々撮られてましたし。
しかもコンデジw
ボークスの祭典も、何かナイスな感じだったんですな。
原型のほうは、頃合い見て発表できると思いますんで、気長にお待ちください。
夏に向けて色々作るかもなので、生温くよろしくお願い致します/
2013-06-10 08:38 : バーニア URL : 編集
そうですね
丸山近くに保存されていた時には相当数部品が盗難に遭いましたねしかもガスバーナー迄用意して貫通扉を切断して盗んだとか新聞記事になりました
横軽末期の熊ノ平立入禁止も廃止後に聞いたのですが上りがトンネルを出てくるところに向けてフラッシュをたいて写真撮影をしてフラッシュの光を架線とパンタの異常と察知した運転士が非常を扱って列車を止めた為に事故扱いで撮影者が捕まりその後立入禁止になったそうですしかも今回の架線盗難も数回目です
2013-06-11 20:54 : 3720M URL : 編集
(^_^)/おはよー
今日のブログランキング見て訪問しました。
お隣さんなのでご挨拶です”よろしくお願いします”

ブログタイトルは”友遊クラブで楽しく生きよう!”です
  将棋サークルのホームページを管理している関係で当然に
  将棋の話題が中心です、あと私の日々の出来事を書き綴っ
  てます。

将棋サークルのアドレスは
  ”http://members.jcom.home.ne.jp/uuc/2010yyc/top.html
  です、よかったらブログとサークルのホームページにも
  遊びに来てください。


”ブログ訪問してると、知らないことに出会えて新鮮です。”
2013-06-27 08:55 : 友遊クラブ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

バーニア600

Author:バーニア600
神奈川在住の、
自称鉄道マニア兼絵描き。

イラスト(For PIXIV)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。